スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Angel Beats! 第三話「My Song」 感想
2010年04月21日 (水) | 編集 |
今回は岩沢さんがメインのお話です。

一話のライブシーンでは栄えていましたが、日常パートではあまり出番の無かった岩沢さんにスポットが当たるということなので、かなり楽しみです。
ですが今回、岩沢さんが……?

今回もライブ映像ありで、必見です。


「……なぜ新曲がバラード?」
「いけない?」


校長室に響き渡るギター音、その中でバラードを歌う岩沢。
次の新曲としてバラードを書いた岩沢でしたが、ゆりっぺに却下されてしまいます。
しかし、今回の事でガルデモの曲は毎回ゆりっぺのオーディションが必要である事が分かりました。
何回かボツになったこともあったのでしょう。
今回も岩沢力作のバラードだったのですが、盛り上がりに欠けるということでゆりっぺの許しを得なかったようです。

でもボクも昔バンドをやっていた時期があったので、渾身の力作を書いてきたのに却下されてしまった岩沢さんの気持ちはわかります。
ボクが昔やっていたバンドは、ほとんどがパワーコードオンリーのパンク・メロコアバンドでした。
そのバンドでやる曲のジャンルもリーダーが決めており、ボクはリーダーではなかったので決定権はありませんでした。
パンクは昔ハイスタなどをコピーしていた時期があったので嫌いではなかったのですが、当時のボクはLED ZEPPELINやcreamやジミヘンといったブルース色の強いロックが好きだったので、それをバンドやりたいと思っていました。
しかし、それらの曲をその時のバンドでできるはずもなく、周りに楽器をやっているやつがあまりいなかったため(実際にはブルースロック好きなどいなかったため)コピーバンドとしてやることはできませんでした。
そしてボクは思い立ちました。
「だったら、ボクがブルースロックっぽい曲を書けばいいんじゃね?」
そして今も部屋の片隅においてある、当時はメインで使っていた四万円のレスポールを構えてリフ作りから始めました。
そして数日後、スタジオ練習の休憩中にマイクを取って、
「新曲を作ってきたから聞いてくれ!」
といって、ボクはその新曲を歌い始めました。
曲の構成は典型的なブルース進行で作り、ツェッペリンを意識した短音リフに乗せてブルースもどきを歌い上げます。
歌い終わって、この曲を次のライブでやろうぜ! と聞くと、
「一人でやってろ!」
と言われて却下されてしまいました。あの時の悔しさは今も忘れていません。

とまぁそれは置いといて、冒頭で歌われたバラードが今回の話の鍵となります。



「今回のオペレーションは、天使エリア進入作戦のリベンジを行う」

今回の作戦は天使の住処に侵入するというものです。
リベンジという事もあり、前回も行ったようですが失敗に終わったようです。
そこで今回は頭脳明晰な新キャラを投入します。


「僕の事はクライストとお呼び下さい」

ハンドルネーム『クライスト』こと、本名竹山くんが新たに登場します。
ちなみに彼は今回のエンディング絵で新たに追加されています。ということは彼はNPCではない新メンバー(実際には前からいた)なのでしょう。
次回からも登場シーンがあればいいですね。


今回の作戦でもガルデモが陽動作戦のためにライブをやります。
keyコーヒー片手に廊下を回る音無。そこで掲示板に大量にポスターを貼る少女を見つけます。



ついにユイちゃん登場です。陽動の下っ端で広報活動をしている身なのに、そのかわいさといったらメインメンバーに匹敵するほど。
彼女はガルデモの大ファンで、特に岩沢を尊敬というか崇拝しています。
ユイが広報に選ばれたのもそのせいなのでしょう。
ユイのあまりに熱すぎるガルデモトークについていけない音無はその場を去ろうとしますが、ユイに捕まってとっくみあいになります。


いじられるユイちゃんもかわいい! てかユイちゃんをいじめるな音無!


ユイと分かれて、再びコーヒーを買う音無。お前はカフェイン中毒か。
そこで校内から流れる演奏に気づき、音無は音の発信源へと向かいます。



次回のライブのために空き教室で練習するガルデモメンバー。
その光景を入り口から見ていると、途中でポニーテールが愛くるしいリードギターのひさ子が弦を切ってしまいそこで休憩となります。
廊下から見ていることに気付いた岩沢に対してほほえみかける音無。めずらしくギャルゲの主人公っぽさを醸し出しています。
教室のベランダで岩沢と話します。そこで彼女の過去があきらかになります。


喧嘩ばかりしている両親に嫌気がさしていた日々を過ごしていた岩沢。
そこで彼女はある一つのバンドに出会います。
「SAD MACHINE」というバンドで、そのバンドのボーカルも岩沢と同じ恵まれない環境で育ち、音楽に救われた人でした。
そのバンドの音楽を聴いて共感し、岩沢は音楽に目覚めることになります。
雨が降る日のゴミ捨て場で、現在愛用しているアコースティックギターを拾い、そのギターを取って彼女は歌い始めました。
何もなかった自分に音楽があったのだと、自分の生きる意味を知る岩沢。
有名校の進学を蹴って音楽一本の道を選び、高校卒業後もバイトをしながらレコード会社のオーディションを受け続ける日々。
音楽で生きていくことを決めた彼女に、ある悲劇が訪れます。
前日に両親から受けた頭部への打撃によって脳梗塞に陥り、バイト中に突然卒倒してしまいます。
脳梗塞によって失語症も発症し、歌うことも話すこともできなくなって、彼女はそのまま意識を閉じました。

SSSの全員が不幸な過去を持っているらしいですが、彼女もまた理不尽な人生を呪っていたんですね。



「…まるで悪役ね」

ガルデモのライブ告知のポスターをはがして回る天使に対して生徒達が反論します。
以外だったことは、NPCでも天使に反抗するんですね。
何も知らなければ、本当に普通の人間と同じに見えるのでしょう。好きな物は好きといい、嫌なことは嫌という。
ゆりっぺがいなければ、この世界は潤滑に回っていたことでしょう。
椎名や野田やチャーみたいな特殊な思考をもつ人間は他にもいたのでしょうが。
しかしそれを統制して世界の循環を保つのが天使の役目であり、今回もガルデモのライブに目をつけます。



「さぁ、派手にやろーぜっ」

19持00分。愛用のアコギを背面に置いて、体育館でのライブが始まります。
しかし岩沢は本当にギターを大事にするんですね。まさにミュージシャンの鏡です。
よい子のバンドマンは、間違ってもライブ中にギターを投げたり燃やしたりしてはダメですよ。リッチー御大みたいにアンプまで燃やしたらそれこそ弁償だけじゃ済まされないからね!(笑)
ちなみにボクも、高校生の時に少ないバイト代をコツコツ貯めて初めて買った四万円のレスポールは、未だに部屋に飾ってあります。
今もたまに弾くのですが、持ってるギターの中で一番弾きやすいです。
ヴィンテージ物ではないので金銭的な価値はありませんが、愛着は一番あるのでいくつになってもこのギターは手放さないと思います。


ライブで一般客を引きつけている間に、本命の天使エリア進入作戦を開始します。
緊迫した空気の中、天使がいない住処に一斉に突入するSSSメンバー。後に続く音無が天使の住処を目の当たりにします。
その正体とは……、


「ただの女子の部屋荒らしじゃねーかよっ、犯罪じゃねぇか!」

正体見たり。その実態は女子寮の一室でした。
音無が落胆しますが、天使が女子寮で一般生徒と同じように過ごしている事は、既にTrack ZEROで証明されていました。
騒ぎ立てる音無を抑えながらゆりっぺは天使の部屋にあるパソコンを起動させます。
そこにはパスワードの入力を求める画面が表示されます。前回はこれを解けなかったために失敗したらしいですが、今回は天才ハッカーのクライストこと竹山くんがパスワードを解きにかかります。
人のパソコンに無断で侵入して情報を抜き出すわけですから、正しくはクラッキングですね。
天使のパソコンに常駐しているノートン先生がお怒りです。




ゆりっぺ達が天使のパソコンにクラッキングをしかけている間にも陽動のためのライブは続きますが、あまり人の集まりが無く、それに焦りを感じた岩沢は、恐らく中盤かトリあたりにやるであろう決め曲、『Alchemy』をやり始めます。
しかし体育館を無許可で占拠していたため、教師達が乱入してきて止めに入ります。
それに対して生徒達は、ガルデモのライブを見たいと教師達に反抗し始めます。NPCまでも突き動かす…やはりガルデモはすごいですね。
生徒と教師の混乱に乗じて天使も体育館に現れます。



天使の出現によって、天使の部屋に潜入していたゆりっぺたちもパスワード解析が間に合わずやむなく撤退を始めます。
取り押さえられたガルデモメンバー、と舞台裏の遊佐。教師の一人が楽器を没収するといって、岩沢の大事なアコギに手をかけます。
それを見て岩沢は叫び、大事なギターのために立ち上がって走ります。


「…それに、さわるなぁーッ!」

岩沢の必死の抵抗に乗じて、ひさ子が教師の拘束を解いて舞台裏へ駆け出します。
向かう先は音響室。とあるラインのボリュームを押し上げます。
それと同時に、体育館に鳴り響くアコギの音。
反抗していた生徒達も、岩沢を追い詰めていた教師達も唖然と立ち尽くし、閑散とした体育館の舞台の上で、彼女は歌を歌い始めます。
自らの生き様を歌った歌。『My Song』




「これがわたしの人生なんだ。こうして歌い続けていくことが、それが生まれてきた意味なんだ。わたしが救われたように、こうして誰かを救っていくんだ。やっと……やっと、みつけた……」


翌日の校長室。日向達SSSメンバーが集まり、ゆりっぺから作戦の報告を聞きます。
今回の作戦によって明らかになったこと。それは天使は自分の能力を自分で開発していたこと。


天使のパソコンに隠されていたアプリケーションソフト。今まで天使が使ってきた3つの技の他にもう一つ、『ハーモニクス』という新たな技が存在していました。

それ以上はみんなに打ち明けはしなかったのですが、ゆりっぺが導き出した仮定は最悪のものでした。
天使は神から力を授からずにわざわざ能力を自作しなければならない……つまり神なんていない。
もう一つ、高松がゆりっぺに聞きます。
岩沢はどこへ消えてしまったのか。
天使に消されたわけでもなく、その理由はひとつ。


「…あの子が納得しちゃった、それだけの話よ……」




ついにSSSのメインメンバーの中で退場者が出てしまいました。
しかもよりにもよって岩沢さんです。
まだ放送開始から三話ということもあり、あまりキャラ立てができてなかった部分もあったと思いますが、三話で岩沢さんが退場って…悲しすぎるじゃないですか。
今回で岩沢さんの事を好きになった人もいるでしょうに。ちなみにボクもその一人です。
音楽に救われて、音楽のためだけに生きた岩沢さん。音楽を歌うことが彼女の人生でした。
戦力的にもそうですが、SSSメンバーだけでなくNPCからも慕われていた岩沢さんが消えてしまった穴はとても大きいです。
今後も、こうして一人ずつ消えていってしまうのでしょうか。

EDの集合絵も、どうやら生存キャラだけが描かれるようです。
そこには岩沢さんの姿はありませんでした。
代わりに竹山が追加されてましたけどね……。
来週はユイが追加されると予想します。しかしまた誰かと入れ替えになるんだとすると……あまり喜べることではないですね。
OPも若干手が加えられています。
サビの部分に流れる映像が今回の本編の映像に差し替えられていました。これにより毎回違うOP映像を楽しめるようですね。本当に手がこっています。岸監督にはもう脱帽です。

さて4月23日に発売されるガルデモの1stシングルに収録された三曲のうち、『Crow Song』が第一話に流れて、今回で『Alchemy』と『My Song』が流れました。
これで心置きなく発売できるわけですね。ちゃんと放送内容と日にちを計算して発売日を決めているようですね。
つまりガルデモの2ndシングルである『Thousand Enemies』が発売されるのが5月12日であり、その発売日直前に放送される第六話で、収録曲の二曲が本編で歌われるのは間違いないでしょう。
ちなみに二曲というのはアマゾンさんの商品ページから参照しています。実際に収録されるのが二曲であるかどうかは未定です。

岩沢さんが『My Song』を歌っている時にゆりっぺ達が天使のパソコンから、天使の技を開発するアプリケーションソフトを見つけていましたが、新技『ハーモニクス』の存在が明らかになりましたね。
映像効果を見るからに、恐らく分身技でしょう。
そして一話と二話を見た時点で気付いた人もいるでしょうが、天使の技のうち、ハンドソニックを除くガードスキルは音響効果を与えるエフェクターの名前から取っていることがわかります。
大まかに説明すると、

『ディストーション』 : 入力音を過大にあげることで、出力音が歪んでしまう状態を意図的に作り出すもの。天使の技としては、周りの空間を歪ませて飛来物が当たらないようにすることから来ているのでしょう。ちなみに、ゆりっぺが突進をしかけた時に使用しなかったのを見ると、接近戦では使えないようです。
『ディレイ』 : 原音を遅延させて混ぜ合わせ、山びこのような効果を得るもの。天使の技では、高速移動をして残像を作ることから来ているのでしょう。ドラゴンボールに出てきた残像拳と同じようなものだと思います。この技は恐らく移動範囲に限界があってそれも広範囲ではないと思われるので、(だって広範囲に高速移動できたらチートじゃん)長距離、中距離戦ではあまり使えない技だと思います。主に接近戦用の技ですね。
『ハーモニクス』 : 倍音というもので、音の振動数が二倍になることで発生する現象のことです。ギターやバイオリン等の弦楽器では、このハーモニクスを意図的に発生させるハーモニクス奏法というものがあります。天使はまだこの技をゆりっぺ達の前で披露していませんが、恐らく分身術の類なのでしょう。技名の由来は、やはり自分と同じ分身を作り出すからなのでしょうね。


さて来週は、麻枝氏お得意の野球回です。
AIRの頃からも結構ネタにされていましたが麻枝氏はかなりの野球好きであり、CLANNADでは草野球イベントを盛り込み、リトバスに至ってはミニゲームとしてゲームに組み込んで、日常パートを進行する上で欠かせないイベントとして野球を選びました。
次回はまた二話ばりのギャク回かと思いきや、岩沢が抜けたガルデモの話も並行してやるようです。
岩沢が抜けた穴を誰が埋めるのか…それは恐らくユイがやることになるんでしょう。
岩沢に一番あこがれていたのはユイでしたし、なによりそうでなければユイのいる意味がありません。
いつかはユイが、設定画の赤いSGを構えて、ガルデモ現メンバーの三人を引っ張ってステージ上で歌うのでしょう。
恐らく、ガルデモの二枚目のシングルでは、ユイがボーカルを務めるのでしょうね。

そして次回は日向が消えてしまう……?
「そいつは…最高に気持ちがいいな…」
の声を発している時の日向がいかにも昇天しそうな感じです。
お前は野球で満足してしまうのか? それがお前の人生だったのか!? お前の前世はプロ野球選手か!!
来週も目が離せませんね。


くどいようですが、ガルデモの1stシングル『Crow Song』の発売日は4月23日です。今回で気になった人は迷わずに予約しましょう。
Amazon.co.jp : Crow Song
(アフィリエイトではありません)
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Angel Beats! 1 【完全生産限定版】 [Blu-ray]クチコミを見る SSSのメンバーが多すぎて未だに名前が覚えられません。そんなところにまた新キャラクターが登場・・・でも、残念ながら岩沢さんの前にすっかりその存在感は希薄になってしまったようです・・・ ☆<04/17...
2010/04/21(水) 05:12:22 | ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人
Angel Beats! 第3話「My Song」 の感想ヲ・・・ ついに3話、いやまだ3話かな だんだんとこの世界のルールが分かってきたような、分からないよ...
2010/04/21(水) 05:15:21 | おもしろくて何が悪い ケの人集会所
SSSのメンバーは新しい作戦、天使エリア侵入作戦のためにガールズバンド、ガルデモの告知コンサートを行うことになった。 天使エリアとは、生...
2010/04/21(水) 06:15:51 | つみゆと BLOG
岩沢がいなくなった
2010/04/21(水) 07:19:24 | 記憶のかけら*Next
ゆりにバラードの新曲を聴かせる岩沢さんだったけど、ゆりは不満みたい。 なぜならガルデモことGirls Dead Monsterは、NPCを引き付けておくための陽...
2010/04/21(水) 10:36:31 | * Happy Music *
陽動作戦の為の新曲を聞くゆりっぺ。 確かにバラードじゃ派手さに欠けますね・・・。 オペレーション・トルネードにも不向きですw ...
2010/04/21(水) 13:57:48 | シュガーライト
 物語が動き始めたようです    今回メインの岩沢さんがEDから消えました・・・・・・。 代わりに、クライスト(竹山くん)が加わっていますw これ、ラストあたりでは半分以下になっちゃうんですかね。 あと気になるのがポスターを貼っていたユイ。 ...
2010/04/21(水) 19:55:26 | 渡り鳥はま の今日の一言
教員棟 「…なぜ新曲がバラード?」 ゆりっぺは岩沢に問う。
2010/04/21(水) 21:44:39 | 本隆侍照久の館
ゆりっぺ「私達の弱点はアホなこと!」 自分で言うなよwと突っ込みを入れながらAB3話感想!
2010/04/21(水) 21:58:57 | 猫が唸る感想日記
NPCなキャラクターでも、音楽に興奮する。 緻密に見えていい加減…。 ま、それがいいところ。 深いことは考えずに楽しむのが一番!!!! ってことで… SSSの弱点ってメンバーの大部分がアホなこと…なんだそうで、今回は頭脳派を作戦に入れることにするとか…。
2010/04/21(水) 22:13:45 | 「きつねのるーと」と「じーん・だいばー」のお部屋
ダメだ、 どうしてもTKの方に目が行ってしまうwwww
2010/04/21(水) 22:53:56 | 水たまり
【HEROMAN 第3話】侵略異星人の母船登場の回。前回以上に派手な異星人の侵略の様子に加え、後半のヒーローマンの戦闘シーンも見ごたえのあるもので非常に満足でした。ビーム攻撃を受けそうになるヒーローマンを、とっさにジョーイがかばうってのも悪くなかったです。(ま...
2010/04/22(木) 01:21:40 | アニヲタ、ゲーヲタの徒然草(仮)
第3話『My Song』Angel Beats! 1 【完全生産限定版】 [Blu-ray]今回は・・・岩沢の話?
2010/04/22(木) 02:18:50 | ニコパクブログ7号館
ゆり「シンジ。歌うなら早くしろ。でなければ帰れ」 岩沢「誰? シンジって?」 ゆり「本日1900、エヴァ初号機で天使を撃退する。岩...
2010/04/22(木) 16:04:10 | NEW☆FRONTIER
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。